採択団体一覧 /  特定非営利活動法人 わくわく体験隊

特定非営利活動法人 わくわく体験隊

わくわく体験隊

団体プロフィール

団体名: わくわく体験隊

企業形態: 特定非営利活動法人

代表者氏名: 杁本 幸司

設立年月: 2003年4月

活動分野: 環境学習

住所: 〒482-0036 愛知県岩倉市西市町67-1

活動エリア: 愛知県を中心に東海地方

採択年月: 2012,11年度

HPアドレス: http://bernerland.com/wakuwaku/


ミッション

 日本の将来を担う子どもたちのために、「主体性」を尊ぶ体験活動を企画・運営し、「生きる力」を育み、自然環境の大切さを学ぶことにより子どもの健全育成を図るとともに、この活動の推進役である青少年の健全な育成をすすめ、参加者全員が成長しあえる活動をすることによる人々の交流が盛んなまちづくりの推進、そこから生まれる多様な社会教育の推進、およびそれらの活動を支える特定非営利活動支援を図ることで活力ある地域社会を実現し、社会全体の利益に寄与する。

ビジョン

 日本を代表するエコツアー企画・運営団体となり、モリコロパークだけではなく、日本中で展開できるNPO法人を目指す。

事業概要

1.岩倉市青少年宿泊研修施設「希望の家」指定管理者(平成21年4月より)
2.子どものための「わくわく体験教室」(毎月1回程度実施)
3.モリコロパーク公園マネジメント会議にメンバーとして参加中(春まつり、秋まつりの分科会に参加・出店)

東海ろうきん事業型NPO育成支援プログラムを受けて
良かった事

  モリコロパークの立入禁止区域であった自然豊かなエリアを愛知県と新しい公共という取組で、人数限定ではあるが活動できるフィールドとして活用できるようになったことで、公園全体の規制が緩和傾向になり市民団体がより使いやすい公園に変化しつつある。また、大学・NPO・県が一緒に行動することで、新しい公共の実践の実績として愛知県から認知され、今後の愛知県との協働事業のきっかけとなりそうである。  また、従来の指定管理の事業は若手にお願いすることで彼は責任をもって仕事に打ち込める人材となってきた。オフィイス21のご指導もあり、新しい企画にも意欲的に立案しチャレンジするようになってきた。その結果、従来の指定管理の実績と愛知県との実績も評価され来年度から岩倉市から新たに公共施設の指定管理が1カ所増えることになった。