TOP / 多義争論 / 後房雄 連載 月間ガバナンス(株式会社ぎょうせい)

後房雄 連載 月間ガバナンス(株式会社ぎょうせい)


「経営・自治へ」展開する行政評価(全23回)

   
第1回(2005年5月)pdf 行政評価の第2段階へ  -事務事業評価を越えて-
第2回(2005年6月)pdf 行政評価の原型としてのマニフェスト・サイクル
第3回(2005年7月)pdf 市民が作った市政の通信簿  -東海市まちづくり指標-
第4回(2005年8月)pdf 協働型マネジメント・サイクル
第5回(2005年9月)pdf 三重県の事務事業評価・再訪
第6回(2005年10月)pdf 静岡県の業務棚卸・再訪
第7回(2005年11月)pdf ロジック・モデル  -事業と成果をつなぐ因果関係
第8回(2005年12月)pdf ツリー型ロジック・モデル  -最終成果を達成するための事業編成-
第9回(2006年1月)pdf 官業の民間開放と業績測定  -市場化テストは行政を変えるか-
第10回(2006年2月)pdf NPOは成果志向か
第11回(2006年3月)pdf マニフェスト以後の地方議会  -二元代表制に可能性はあるか-
第12回(2006年4月)pdf 協働で達成すべき成果目標(シェアド・アウトカム)  -行政経営から地域経営へ-
第13回(2006年5月)pdf 分権・委託からコミュニティ形成へ  -民間主体による地域経営の事例-
第14回(2006年6月)pdf 事業は仮説である  -仮説の検証としての事業評価-
第15回(2006年7月)pdf 評価が機能する条件  -評価可能性アセスメント-
第16回(2006年8月)pdf 評価可能性アセスメントの6つのステップ
第17回(2006年9月)pdf 評価と政ßßß治
第18回(2006年10月)pdf 実験する社会  -社会的試行錯誤のツールとしての評価-
第19回(2006年11月)pdf フィードバック  -評価結果の活用-
第20回(2006年12月)pdf 評価と予算の結合は可能か  -業績予想のシステム構想-
第21回(2007年1月)pdf 足立区の包括予算制度  -権限委譲が行政評価を蘇生させる-
第22回(2007年2月)pdf 政治主導と自律的経営  -「省庁別支出上限」と「公共サービス合意」-
第23回(2007年3月)pdf 【最終回】自治体経営と自治の道具箱 -事務事業評価の再構築のために-
  • ページ上部へ
  • トップページへ