採択団体一覧 / 森田 匡美

cocomo

団体プロフィール

起業家氏名: 森田 匡美

事業プラン名: 子どもと居ながらみんなでものづくり

採択年月: 2011年11月 (第6回)

正式名称: cocomo

企業形態: 個人事業主

設立年月: 2012年3月14日

HPアドレス:


起業の動機

12年間アパレル会社で働いてきたが、出産のため勤務を続けることが困難になり、フリーランスになったのちは、収入が減り生活に不安を感じていた。

一方、子育てをする中で、「子どもの育つ環境」に強い関心を持つようになり、保育士免許を取得し、保育園で働く中で、子どもを中心とした親や家族、地域の環境の課題について考える機会が増えた。

今までの経験やスキルを生かし、社会的起業プランを思い描くようになった。

解決すべき地域の課題

仕事と子育ての両立が困難な業界があり、出産により職場の勤務体制に合わせられなくなると、たちまち失業の危機に追い込まれる。

その結果、専門職から離れるため、独自の経験とスキルが埋もれ社会の不利益につながる。

経済的安定と子どもの心の安定(長時間保育や二重保育などによる)を両立することが困難になり、特にひとり親家庭の場合、人間関係に社会的な広がりが少なくなることが多く、一人っ子に至っては寂しさや孤独感、不安感を持っている場合が多い。

将来を担う子どもが、地域の人との豊かなふれあいの中でよりよく育つことができる環境が求められている。

保育服(仕事着)がデザイン性と機能性に乏しい。

ビジョン

広がりのある人間関係の中で、独自のスキルを生かし、安心して仕事と子育てができる地域社会の中で、社会に役立つ喜びを感じて生活している。

事業概要

子育てと仕事の場を共有したチームのモデル提案をしていく。

また、手づくりの技術と子育て経験を生かし、チームでよりよいアイデアを出し合うことでニーズにあったもの作り(保育服、子育て服、子育てグッズ)を提案する。