イメージ

『地域自治組織から近隣政府へ〜地域自治区、町内会、NPO』

目指すべき「公共のあり方」と市民参画に対し、地域自治組織はいかに変革し、役割を担うべきか——
 地域内分権の先駆的研究者である名和田是彦さんによる講演録を収録しています!

書籍概要

【タイトル】
『地域自治組織から近隣政府へ〜地域自治区、町内会、NPO』
【定価】1,000円(会員800円)
【発行】特定非営利活動法人 市民フォーラム21・NPOセンター

目次

新しい公共と地方分権
名和田是彦(法政大学法学部教授)
地域の未来・市民の主権〜近隣政府の可能性を探る
名和田是彦(法政大学法学部教授)
細田大造(前総務省自治行政局自治政策課課長補佐)
佐久間章郎(豊田市足助地域会議委員)
後房雄(名古屋大学大学院法学研究科教授)
多様化する市民活動と自治体の再設計〜地域自治組織における決定と実施の混合
後房雄(名古屋大学大学院法学研究科教授)

付属資料

地方自治法(抄)/市町村の合併の特例等に関する法律(抄)/市町村の合併の特例等に関する法律施行令(抄)/市町村の合併の特例等に関する法律施行規則(抄)/豊田市地域自治区条例/伊賀市自治基本条例/住民自治協議会の概要(伊賀市)/地域自治区の設置に関する協議(上越市)/上越市地域協議会委員の選任に関する条例/合併特例区及び地域自治区の比較/地域自治区(地方自治法に基づくもの)の設置状況(総務省)/地域自治区(旧合併特例法等に基づくもの)の設置状況(総務省)